NPO法人 視覚障がい者国際協力協会(ICA)

視覚障がい者の自立を目指して

あいか通信

あいか通信37号(2008年3月号)

事業変更について 東京では桜の花も咲き始めました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 皆様もご承知のように、ケニア大統領選挙の影響が思ったより長く続いております。協会では現地と連絡を取り合いながら講習会の日程を検討してきました。その結果、参加者…

あいか通信36号(2008年1月号)

寒中お見舞い申し上げます 例年に無く寒い日が続いておりますがお元気でいらっしゃいますか。 皆様もご承知のようにケニアの大統領選挙の影響は未だに尾を引いているようです。現地からの報告によりますと、2月中旬以降は大丈夫だろうとの事でしたが、外務…

あいか通信35号(2007年11月号)

11月23日 理事長 金 治憲 寒い日が続いていますがお変わりありませんか。 協会の今年度事業でありますケニアの講習会につきましては、あん摩に関連する基礎医学の教材を宮城県立盲学校の宇和野康弘先生に執筆を依頼して英訳も進んでおります。 肝心の講習会…

あいか通信34号 2007年9月号

ケニアに来て1年 JICA協力隊員 五味 哲也 「たった1ミリの違いで患者の感じ方がちがうんだよ」「ここまで押すとイタ気持ちいいけど、さらに押すとイヤな痛みだろ?」たった1ミリ、たった何グラムかの差。「凝り」や「張り」の概念すらない人達に言葉に表現で…

あいか通信33号 (2007年7月号)

事務局から じめじめした梅雨が続いております。皆様如何お過ごしでしょうか。 台風4号、引き続く新潟県中越沖地震など被害が報道されていますが、お住まいの地域で被害に遭われた方がいらっしゃるのではと心配しております。もし被害に遭われた方がいらっし…

あいか通信32号 (2007年5月号)

会員増をはかります 理事長 金 治憲 風薫る5月、爽やかな五月晴れが続いております。皆様如何お過ごしでしょうか。 昨年はICAの前身である国際盲人クラブ(略称:ICB)創立35周年、そしてICAを立ち上げて5周年という節目の年でした。 そこで、…

あいか通信31号 2007年3月号

事務局から 季節が後戻りしたかのように寒い日が続いておりましたが、桜の便りも聞かれるようになりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。2006年度の記念事業のうち残っておりました「35年の歩み(仮称)」の出版がようやく日の目を見ることになりそ…

あいか通信30号 2007年1月号

海外視覚障害者団体との交流会(札幌) 理事 窪田 秀康 今年の交流会は、当初台湾・韓国・日本の視覚障害者の参加により、初めて日本で開催する予定であったが、諸事情により台湾からの参加が無く、韓国済州島より13名(内、視覚障害者5名)および日本側…

あいか通信29号 2006年11月

一歩進んだケニアのあん摩事情 理事長 金 治憲 去る11月20日から30日まで「ケニア視覚障害者達との交流ツアー」とあん摩技術の研修を終えて帰ってきました。今回のケニアは珍しく、毎日のように雨が降りました。雨が降るといっても日本のようにずっと…

あいか通信28号 2006年10月号

韓国視覚障害者達に青天の霹靂(続き) 2006年8月29日夜、元盲留学生のヤン・ミンシク君から嬉しい電話が入りました。 その内容は8月に開かれた臨時国会に医療法改正案が上程され8月29日に215人中、賛成205、棄権10の多数で可決されました…

あいか通信26号(2006年5月号)

ごあいさつ 理事長 金治憲 新緑の候皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年は国際盲人クラブ(略称:ICB)を創立して35周年、今の視覚障害者国際協力協会(略称:ICA)を立ち上げて5周年という節目の年であります。今まで物心両面にわたり、ご指導・ご支援…

あいか通信25号(2006年)

ケニアでのこと 水戸市 賀川友吉 「ジャンボ、お早うございます」。10人の講習生が覚えたばかりの日本語で明るく私たちを迎えてくれた。ここはナイロビにあるYMCAの建物の一室で、ちょうど日本の盲学校の実習室のように、部屋には5台の治療用のベッド…

あいか通信24号(2006年1月号)

新しい年を迎え皆様いかがお過ごしでしょうか。遅ればせながら新春のお慶びを申し上げます。本年も変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。 しかしながら、昨年来の大雪に見舞われた地方の方々には心よりお見舞い申し上げます。1日も早く普段の生活…

あいか通信23号(2005年11月号)

あん摩がもたらした自信 理事長 金 治憲 爽やかな風に吹かれながらあん摩の研修を終えて帰ってくると、東京は真冬のような寒さでした。皆様いかがお過ごしでしょうか。 先ずはケニアの報告から始めます。11月29日早朝会場に着くと全員元気で、例の明るい…

あいか通信22号(2005年9月号)

2年半ぶり、3度目の済州(チェジュ) 荒木 久子(事務局) 協会の今年度事業の一つである「海外視覚障害者との情報交換等交流事業」が韓国の済州島で日本・韓国・台湾の3カ国から集まって開催された。“各国におけるあん摩の現状と諸問題”をテーマに各国の…

あいか通信21号(2005年7月号)

あん摩を成功させる フィリゴナ アチョラ(ナイロビ在住) 会員の皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?ケニアでは寒い日が続いています。7月は一番寒いです。 私は元気でやっています。仕事もぼちぼちです。6年以上一人で日本式マッサージをやって…

あいか通信20号(2005年3月号)

新システム作りを目指して 理事長 金 治憲 風薫る5月、皆様いかがお過ごしでしょうか。お陰さまで協会は平成16年度の決算も終わり、内閣府等への手続きも無事終わりました。 昨年は6月にインドネシアのアイカ治療院で技術指導を行いました。この事業につ…

あいか通信19号(2005年3月号)

ケニアでのあんま技術講習会大成功で終了 理事 窪田 秀康 ‘ジャンボ’(こんにちは)講習生達の元気で明るい声に迎えられ、3月7日より10日間に亘る総仕上げの講習会が始まった。 昨年8月に宇和野先生の指導によりゼロからスタートした‘あん摩’技術講習会…

あいか通信18号(2005年1月号)

ごあいさつ 理事長 金 治憲 謹んで新春のお喜びを申し上げます。 東京の元日は大晦日の激しい雪とは打って変わり暖かい日差しが燦燦と降り注ぎました。この1年が良い年であって欲しいものです。 昨年はアフリカのケニアで初めての「あん摩講習会」を開催し…

あいか通信17号(2004年11月号)

やる気と明るさに支えられて 理事長 金 治憲 今年は例年になく多くの台風が上陸し、また10月には新潟県中越地震が発生、大変な災害続きでした。被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。 私ども協会の今年度の重要事業は7月から始まりました「ケ…

あいか通信16号(2004年9月号)

第1回講習会を終えて 7月31日にケニアのナイロビへ向けて出発し、翌8月1日に現地入りをした。2日から13日にかけて2週間、第1回目の「ケニアにおける視覚障害者に対するあん摩技術講習会」を行った。 受講生はケニア各地から選抜されるため我々が…

あいか通信15号(2004年7月号)

ケニア視覚障害者に光を! 「ケニア共和国におけるあん摩技術講習会」 現地関係者との調整・打合せを終えて プロジェクトマネージャー 足立房夫(理事) 2004年7月5日(月)~14日(水)の10日間、ICA金理事長、荒木理事に同行し講習会実施のための現地関係者との調整を…

あいか通信14号(2004年5月号)

講習会と会員増にご協力を 理事長 金 治憲 初夏の清々しい日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。 協会も4年目に入りました。改めて皆様のご支援・ご指導に心から御礼申し上げます。今日は嬉しいニュースからお知らせいたします。昨年6月JICA…

あいか通信13号(2004年3月号)

バングラデシュを訪問して 水戸市 賀川 友吉 バングラデシュという国は、ガンジス川の土砂がベンガル湾に長期間にわたって堆積して出来た国である。人口は1億を超えていると言われ、人口密度は世界一高い所である。公用語はベンガル語である。気候は私たち…

あいか通信12号(2004年1月号)

ご挨拶 この協会を立ち上げて3回目の正月を迎えました。皆様におかれましては良いお年を迎えられたことと存じます。毎年元旦には年賀状と何本かの国際電話も入ります。今年は台湾、香港、韓国からでした。中でも台湾からの電話によると、林君はより広い家(…

あいか通信11号(2003年11月号)

年末ご寄付のお願い 理事長 金 治憲 今日の空はカラッと晴れ上がり暖かく気持ちのいい日です。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。おかげさまで協会の事業は、ほぼ計画通りに進んでおります。既に事業報告はしておりますが、私の感想を2、3書いてみたいと思…

あいか通信10号(2003年9月号)

台湾にて交流会開催される 理事 窪田 秀康 9月14日、金理事長および賀川友吉さん他4名は抜けるような青空と灼熱の太陽の輝く台北国際空港に降り立った。空港では台北市按摩業職業工會常務理事 明 章建さんと盲留学生であった 謝 瑛昌(シェ インチャン)さんおよ…

あいか通信9号(2003年7月号)

「インドネシアからの声」 アグス ピトヨ 皆様こんにちは。私はインドネシアのアグスと申します。インドネシアには、今しっかり乾季がやって参りましたが、日本では如何ですか。大変ご無沙汰しておりますが、皆様はお元気お過ごしでしょうか。 私はアイカ通…

あいか通信8号(2003年5月号)

3年目を迎えて 理事長 金 治憲 気候不順な日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。 私どもの協会は、設立後2回目の決算を無事に終えることが出来ました。これもひとえに皆様方のご協力の賜物と感謝申し上げます。 昨年度計画しましたインドネシア…

あいか通信7号(2003年3月号)

韓国済州島において交流会開催される 理事 窪田 秀康 協会の事業の一つとなっている海外の視覚障害者との交流事業第1回として、韓国済州島において3月4日に開催された、『日韓視覚障害者福祉セミナー』に協会より金理事長はじめ青山名古屋支部長、及び協…

あいか通信6号(2002年1月号)

年末ご寄付のお願い 理事長 金 治憲 今年は秋を通り越して急に冬に突入したような気がします。皆様はいかがお過ごしでしょうか。協会はお蔭様でゆっくりではありますが一歩一歩着実に進んでおります。 今月は嬉しいご報告から始めることができ大変喜んでおり…

あいか通信4号(2002年9月)

盲学校を見学して 名古屋市 青山 章行 4月2日、ジャカルタ市内にある国立盲学校を訪問し、多くの方々からの歓迎を受けました。学校の名称は「SLBB-A」といい、1981年に設立されました。英語教師のバンバン先生が、我が金治憲さんと久々の対面を喜び合う…

あいか通信3号(2002年6月号)

自立への援助 理事長 金 治憲 暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。 時の経つのは早いもので、もう初年度の決算の時期になりました。昨年法人を立ち上げる際には少々不安もありましたが、多くの方々から激励のお言葉やご寄付が寄せられ、計画…